相当過酷なバイトです

この前、友達が着ぐるみのバイトをしたとのことでした。最初は着ぐるみを着て対応するだけで良い物だと思っていたらしいのですが、実際に行ってみるととんでもなく大変だったそうです。実際に着ぐるみを着てみるとまずその重量に驚いたそうです。

 

 

 

そこまで大きくなく、装飾品もついているキャラクターではなかったようなのですが、それでも着てみると重さでかなり動きにくいそうです。

 

 

 

また、腕や足は太いため、動かそうにも自由に動かせる範囲が狭いために歩くのですらかなり困難だったそうです。何より視界がかなり狭いらしく、一応目の前に前が見えるようにメッシュのような素材で視界が開けてはいるようなのですが、どうしても外から見てわかりにくいような作りになっているためか見える範囲はとても狭いそうです。

 

 

 

正面を見るだけならいいのですが、足下なんてとても見れた物じゃないそうです。歩こうにも足下が見えないし動きにくいしで、スタッフの人に手を引いてもらいながら移動するのがやっとのことだったそうです。

 

 

 

そんな中で人と接しなければ行けないのでつらかったそうです。握手程度ならまだしも、中には体当たりや叩いたり蹴ったりしてくる子どももいるそうで、倒れないようにバランスを取るのが精一杯だったそうです。バイトをした日は春にしてはかなり気温の高い日だったそうで、着ぐるみの中はまさにサウナ状態だったみたいで、終わった後はシャツが水に浸かった後のようにべたべたに濡れていたそうです。

 

 

 

実際よく見かける着ぐるみのバイトですが、実際に行っている人の環境はかなり過酷みたいですね。

 

 

 

自分も1回やってみようかと思っていましたが、友達の話を聞いてやる気がなくなりました。数日間バイトをしたそうですが、体重が3kg落ちたらしいです。

 

 

 

友達曰く、着ぐるみで動き回るあのふなっしーはとんでもないことだとのことです。対して意識もしませんでしたが、たしかにふなっしーの動きは着ぐるみを着ているのとは思えないほどの機敏な動きをしていますよね。前なんて南極にいったりしていましたしw

 

 

 

なんにせよ、これから着ぐるみを見かけたときは、中に入っているバイトの人の気持ちを考えようと思います。