有資格だと選択肢も拡がる

最近ではアルバイトの看護師が増加しているそうです。

 

どこの病院でも看護師を積極的に募集しており、例え正社員でなくてもアルバイトとして採用する病院は多いです。

 

勿論正社員として雇用したいところですが、そうするとおのずと三交代や夜勤など、不規則な勤務体制をお願いする事になります。

 

ただでさえ重労働な仕事なのに時間まで不規則で身体はボロボロ・・・こうして退職する看護師が増えていくのです。

 

特に結婚や妊娠をきっかけにして退職する人が多く、看護師は女性が多いのでどうしても人員不足になります。

 

せっかく国家資格を取得したのに、結婚や妊娠を境に看護の現場から永遠に離れてしまうのはもったいないです。それなら家庭との両立をめざし、パートやアルバイト・派遣などの非常勤として働ければ、自分のペースで仕事が出来ます。

 

 

更に看護の現場で活躍できるので、完全に一線を退くよりも良いとの意見が多いです。一度辞めてしまうと仕事の内容やペース、雰囲気などを忘れてしまい、看護師として復帰するのが困難になってしまいがちです。

 

 

女性ならではの職場という事もあり、冷たい注意や指導などで耐えられなくなる場合がほとんどです。
この結果、国家資格を所持しているだけで実際はもう働けないという、悲しい事態に陥ってしまいます。

 

 

パートやアルバイトという雇用形態でも、給料の水準は高いのが看護師の特徴です。結構な稼ぎになりますから、旦那さんの助けには十分なると思います。

 

 

日勤のみのシフトにすれば時間の融通も利きますし、身体も疲れません。子供が大きくなってから正社員として復帰しやすいので、看護師のアルバイトはこれからも増えていくと思います。